不正性器出血, 治療分野

【治療分野】不正性器出血

◇ 不正性器出血

出産後や婦人科手術後などでない限り、月経以外に出血が起これば異常な出血であると言えます。
産婦人科では性器からの異常な出血のことを不正性器出血と呼びます。

● 不正性器出血があった場合

不正性器出血があった場合は、自己判断に頼らず産婦人科を受診されるようお願いします。
特に、月経以外の出血があり、あるいは月経のようにみえても、以下に相当する場合は早めに産婦人科を受診する必要があります。

a. 妊娠している可能性がある。
b. 性交後に出血がある。
c. 出血が多量である。
d. 出血が10日以上続きそうである。
e. 普段の月経がかなり不順である。
f. 閉経後に出血があった。

◆ 不正性器出血のQ&A

Q. 不正出血があった場合にはどんな検査をしますか?

A. 最近の月経の状態、妊娠しているかどうか、腟や子宮などに異常がないか、他の病気や薬の影響はないか、
血が止まりにくい病気ではないかなどを調べます。

▼ もっと詳しく

不正性器出血の検査,レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科 レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px