子宮内膜症, 治療分野

【治療分野】子宮内膜症

◇ 子宮内膜症

1.子宮内膜症とは:正常だと子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が子宮の外(卵巣や骨盤の腹膜表面など)にもできる病気です。
月経のたびにこれらの場所にも月経と同様の変化が起こるため、おなかの中に慢性の炎症が起きます。
卵巣の子宮内膜症では卵巣の中に月経血の様などろどろのチョコレート状の血液がたまることがあります。

2.症状:それまで生理痛の軽かったかたに、月経の前から始まり月経終了後もしばらく続く痛みがでた場合、子宮内膜症の可能性があります。
性交時におしりの奥の方が痛くなる場合も子宮内膜症が疑われます。
自覚症状がなくても、不妊症のかたに詳しい検査を行うと子宮内膜症が見つかることがよくあります。
ごく稀に、月経のたびに体の一部分が痛くなるかたに、その部分に子宮内膜症ができていることがあります。

3.診断方法:内診をして、子宮の裏側や卵巣にしこりがあるために診断される場合もありますが、内診では全く異常のないかたがたくさんいらっしゃいます。
症状から子宮内膜症が疑われる時には、血液検査をしてCA125という物質の値が高くなっていないかをみたり、CTやMRI検査をしたり、
場合によっては腹腔鏡というカメラでおなかの中を直接みる検査をします。
おなかの中はどうなるか:子宮の周囲、特に子宮の根元の裏側にブルーベリー様の斑点ができたり、
子宮と卵管の周りに膜が張ったような癒着ができたり、卵巣にチョコレート状の血液がたまったりします。

子宮内膜症,レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

4.治療:薬物療法と手術療法があります。

A. 薬物療法:月経を止める薬を使います。のみ薬、点鼻薬、注射薬があります。注射は月に一回、のみ薬や点鼻薬は毎日使います。
治療は最低3~4カ月、通常6カ月行います。治療後2カ月でたいてい効果が現れますが、治療終了後1年半位までの間に再発することがよくあります。

B. 手術療法:不妊症の治療目的に、あるいは病気の進んだかたの場合に子宮内膜症の病巣を取り去る手術をします。
きれいに病巣をとっても、しばらくすると再発することがよくあります。
子供を生み終えたかたで、非常に痛みの強い場合は、子宮と卵巣をとる手術をすることもあります。

◆ 子宮内膜症 Q&A

Q. セックスの時に痛みがあるのは子宮内膜症のせいでしょうか? ある時期からHをするとお腹がつき刺さるような痛みがでるようになりました。
以前、子宮内膜症といわれ治療をしていました。その時に子宮が腫れていると言われたのですが Hして痛いのと関係あるのでしょうか?

A.子宮内膜症はいろいろな場所にできますが、子宮の裏側の下の方によくできます。内診してこの部分を触るとしこりがあったり、
押すと痛い場合は子宮内膜症の可能性が高いということがわかります。
この部分はセックスすると押されるところなので、子宮内膜症があると性交の際に痛いことが多いのです。
子宮が腫れているのは医学的には子宮腺筋症という病気(子宮内膜症の一種)の可能性があります。結婚前ならば、子宮内膜症の進行を遅らせる治療を受けて下さい。


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px