Q&A, 治療分野, 生理痛・月経

【治療分野】月経不順と無月経 Q&A

◆ 月経不順と無月経 Q&A

Q. 月経が2週間遅れています。市販の妊娠検査では妊娠の可能性はないと出ました。ただの生理不順でしょうか?

A. ただ単に月経が遅れているだけかも知れませんが、大事なことを一つ覚えておいて下さい。排卵日が1~2週間遅れて妊娠することがあります。そのため月経が1~2週間遅れていて妊娠検査薬で陰性でも実は妊娠しているということがあります。なかなか月経が来ないときは1~2週後にもう一度検査をして下さい。

Q. 18歳になっても月経が来ません。まだ性交の経験もないため婦人科にいくのはとてもこわいです。

A. 18歳になっても月経がない場合、医学的には原発性無月経と呼びます。ショックを受けられるかも知れませんが、かなり重い病気が隠れている可能性があります。たまたま卵巣の働きが未熟なために月経が遅れているということもありますが、その場合も将来不妊症の治療が必要になるでしょう。原発性無月経の原因の40%近くが生まれつきの染色体の異常によるものです。子宮や腟がないために月経が来ない場合が約20%です。将来子供をつくることが非常に難しい、あるいは不可能だという宣告を受けるかも知れません。しかし、卵巣機能が単に未熟過ぎる場合には、このまま放置するとさらに卵巣機能を悪化しますし、早く治療を開始すればするほど治療効果が上がりますので、非常に心配でしょうが産婦人科で調べてもらいましょう。普通、性交の経験がない時には腟の中に指を入れる診察をしないようにしますが、万が一、子宮や腟がない病気が疑われる場合には少しつらい検査を受けるのは仕方ないかも知れません。

Q. 中学生の月経不順の治療の目安は?

中学校の養護教諭をしています。今中学2年生と1年生の女子より「もう3ヵ月か半年ぐらい月経がない」との相談を受けています。それまではきちんとあったようです。妊娠の可能性はありません。過度のストレスかな?といいながら様子を見ようと言っていますが、受診のすすめはいつ頃するべきでしょうか?
A. 初経から3年たっても月経が規則的になる女性はせいぜい65%位です。思春期の無月経の誘因として、過度なダイエットによる体重減少が問題になりますので無理なダイエットはしないように指導して下さい。受験や運動などのストレスも無月経の誘因になりますが、これは防ぎようがありません。一般に初経後3年未満で特に誘因がなく無月経期間が8ヵ月に満たなければ多くの場合積極的な治療は不要です。経過観察でよいのですが、無月経の程度を軽い1度と重い2度にわけてどちらであるかを簡単に調べる方法がありますので、初経後3年前後で半年位月経がない場合に検査だけでも受けておくと安心して経過をみることができます。中学生ですのでもちろん内診をせずに検査を行います。実際にはある種のホルモン剤を1週間から10日間ほどのむか注射するかして月経がくるかどうかで判断します。17歳を過ぎても3カ月以上月経がない場合には少し積極的に治療すべきだと思います。初経後3年を過ぎて半年から8ヵ月以上月経がなかったり第2度の無月経である場合も積極的に治療することになります。

Q. 月経が3ヵ月来ません。でも妊娠検査薬では陰性です。ただ遅れてるだけなんでしょうか? 10代 女性

A. 初経から17歳位までは月経が不順な人がほとんどで、規則的に来る人は20%位しかいません。排卵が起こるようになると月経が順調になりだすのですが、18歳位の人でもちゃんと排卵があるひとは30~40%位しかいません。17歳位から徐々に月経が順調になってきていれば心配ありませんが17歳以降に月経が不順になりだしたら要注意です。かれこれ3ヵ月位月経が遅れているのできちんと検査をして治療をしておきましょう。これまであった月経が3カ月間止まった場合、医学的には続発性無月経と呼びます。無理なダイエットをしていると月経が止まったり不順になったりします。成長期にほとんど月経がないまま治療しないでいると子宮や乳房の発育が悪くなったり骨が弱くなったりします。毎月1~2週月経が遅れる程度なら十分に卵巣から女性ホルモンがでていますから体に影響はありません。月経不順の治療だけで性病やおりものの検査などをするのでなければ内診しなくても十分な治療ができますのでまずはお気軽に相談にいらして下さい。

Q. 体重が急に減ったら月経が止まりました。精神的ショックがありこの2カ月で体重が6キロも減りました。生理が14日間遅れてて妊娠?と思い妊娠検査薬で調べたら妊娠はしてなかったんですが、この10年以上こんなに遅れたことがなかったので心配です。

A. 無理なダイエットをしたり、強いストレスがあったりして体重が急に減ると月経が止まったり不順になったりします。もともと不順な人が急に体重を落とすと卵巣の働きがさらに悪化します。体重が減って月経が止まる病気を体重減少性無月経といって、体重が元に戻らない間はなかなか月経がもとに戻りません。少しずつでもよいですから食事をとって体重を戻していきましょう。3ヵ月たっても月経が来なければ、産婦人科で治療を受けて下さい。

Q. 拒食症になってから5年以上月経が来ません。今はもう標準体重です。体重が戻って2年です。20代後半ですがまだ直るでしょうか?どれくらいの期間通院すれば治りますか?台の上に乗ったりとかしなくても治療方法ってありますか?

A. 体重が非常に減ったことが原因で月経が止まることを体重減少性無月経といいます。治療の原則は体重を元に戻すことですが、体重が元に戻っても月経が回復するまでにかなり時間がかかります。体重の回復と併行して月経の治療を続けていても少なくとも数年の通院が必要な場合が多いと思います。通院といっても月に1~2回程度ですし、必ずしも毎月通院する必要はありません。3~4ヵ月に1回くらいの通院でも治療可能です。無月経のまま放置すると将来非常に妊娠しにくくなりますので早速治療を開始して下さい。内診台にのらなくても、おなかの超音波検査をするだけで十分治療ができます。定期的にホルモン剤を使って月経を来させる治療が主な治療法になります。現在の卵巣機能をみるためのホルモン検査も受けて下さい。


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px