WELCOME TO LC TSUNEZAWA SITE

【予防分野】ブライダルチェック

◇ ブライダルチェック

◆ すべての方におすすめする妊娠前検査

1*.検尿
慢性の腎炎や糖尿病がないかどうかを妊娠前にチェックします。
慢性の腎炎や糖尿病を妊娠前にみつけて管理しておくと妊娠してからの経過が非常によくなります。

2*.血圧測定
血圧の高い方は、妊娠すると重症の妊娠中毒症になりやすくなります。
もともと高血圧の方の妊娠管理は非常に難しいので、妊娠前から血圧を管理しておく必要があります。

3*.貧血検査
妊娠すると急激に血液量が増えるので妊婦さんは鉄分が不足しがちになります。
妊娠前から鉄欠乏性の貧血がある方は妊娠の早期から貧血が進行しますので、妊娠する前に貧血を治しておきましょう。
特に月経血の中にレバーのような固まりが混じる方は月経量が多いので貧血になっている可能性が高く、要注意です。

4.クラミジア検査
若い女性にはクラミジアという性病が流行しており、地域によっては3~4人に1人が陽性です。
クラミジアが卵管に感染して卵管に炎症が起こると不妊症になることがあります。
妊娠前から慢性的にクラミジアにかかっている方の場合は
クラミジアのせいで流産や早産になることはあまりないといわれていますが、
妊娠してから初めてクラミジアに感染するとまれに流産や早産になることがあります。
妊娠前にクラミジアの検査を受けておくと安心です。

5.淋菌感染症
女性の場合、クラミジアに比べて感染率は低いですが、感染するとクラミジアと同じような症状を引き起こします。

6*.風疹抗体検査
風疹の予防接種をしていても抗体ができていないことがあります。
妊娠初期に風疹にかかると赤ちゃんの耳が聞こえなくなったり、脳や心臓に奇形が生じることがあります。
妊娠前に風疹抗体のチェックをして、もし抗体ができていなければ予防接種を受けておきましょう。

7*.子宮ガン検診
高齢で出産される方が増えてきましたので、妊娠中に子宮ガンの前ガン病変がみつかることも多くなってきました。
妊娠前に前ガン状態でみつかれば詳しい検査をすることもできますし、
子宮の入り口の悪い部分だけを切除すればその後の妊娠も可能です。

8.超音波検査
妊娠して初めて子宮筋腫や卵巣腫瘍がみつかることがよくあります。

1*、3*の検尿、貧血検査については、日ごろの健康診断で問題ないことが明らかな人に対しては省略しています。
2*の血圧測定は無料です。
6*に関しては、福井県内に住民票がある妊娠を希望している女性は、平成26年4月1日から平成27年3月31日まで、無料で風疹抗体検査を受けることができます。
7*についても、定期的に子宮ガン検診を受けている人(会社の検診や市民ガン検診など)に対しては省略可能です。

◆ オプションで追加する検査
胎児に影響を及ぼす感染症検査

1.水痘帯状疱疹ウイルス抗体検査
妊娠の初期、特に妊娠13~20週位に始めて水痘(水疱瘡)にかかると胎児に奇形が生じるおそれが高くなります。
また、お産の直前からお産にかけて水痘にかかると赤ちゃんが先天感染を起こして非常に高率にうまれてすぐに死亡します。
水痘にかかったことがあることを確認しておくと、水痘にかかった子供に接しても安心です。
水痘帯状疱疹ウイルスの抗体がない人は水痘の可能性のある子供に接してはいけません。

2.トキソプラズマ抗体検査
ネコの糞や生肉の中にトキソプラズマという寄生虫がいることがあります。
ネコを飼っている人や生肉を扱う人が妊娠の初期にトキソプラズマに感染すると胎児にサイトメガロウイルス感染に似た先天的な異常が起こることがあります。
実は、妊娠の初期にトキソプラズマ抗体検査をして抗体の値が高くても一体いつ感染したのかははっきりわかりません。
つまり妊娠してから初めてこの検査をしても本当に治療が必要かどうかはよくわからないということです。
ネコを飼っている人で妊娠前に既に抗体の値が高くなっている人は先天感染の危険が少ないといわれています。
逆に妊娠前の抗体が陰性で妊娠してから抗体が上昇した場合は治療が必要になります。

3.サイトメガロウイルス抗体検査
以前は90%以上の妊婦さんがサイトメガロウイルスに対する抗体をもっていたのですが、
日本も先進国となり環境がきれいになったせいで、サイトメガロウイルスに対する抗体をもっていない妊婦さんが増えてきました。
妊娠中にこのウイルスに感染すると赤ちゃんが難聴になる可能性が高くなります。
妊娠初期に感染するといろいろな奇形が起こることがあります。

4.パルボウイルスB19抗体検査
パルボウイルスはリンゴ病の原因ウイルスです。妊婦さんが感染すると胎児に貧血、心不全、胎児水腫を引き起こし胎児死亡にいたる場合もあります。
この抗体がなく、10歳以下の子供に接する機会が多い妊婦さんは、妊娠中期に感染しないように注意が必要です。

◆ 性感染症検査がご心配な方のための検査
ご心配な方とは:リスクの高い性的活動を行っている女性や性産業従事者

1.梅毒
妊娠初期に必ず梅毒の検査をすることが法的に義務付けられています。
妊娠初期に検査をしても問題ないことがほとんどですので、省略しても構いませんが、
近年になってひそかに梅毒が蔓延しつつあるという懸念もあるため、ご心配な方は検査を受けて下さい。

2.HIV感染症
先進国では早期発見、早期治療がなされていますが、日本では、症状が出て初めてHIV感染が判明する例が増加しています。
そのため、他人に感染させる危険が高く大きな問題になっています。
これも妊娠初期にほとんどの病院で検査するようになりましたが、ご心配な方は検査を受けて下さい。

3.B型肝炎検査
B型肝炎はキスや性交によって起こることがあり、近年では、性感染症とみなされるようになりました。
妊娠初期にB型肝炎、C型肝炎の検査を行いますし、それからでも対応できますので、省略可能です。
ただし、本人がB型肝炎である場合に、夫に感染させてしまうという危険があるので、ご心配な方は検査を受けて下さい。

● 料金例
・風疹抗体:2,630円
・風疹抗体+水痘帯状泡疹ウイルス抗体:3,480円
・風疹抗体+水痘帯状泡疹ウイルス抗体+トキソプラズマ抗体:4,490円

レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px

【不妊症】不妊の原因

◇ 不妊の原因

● 不妊症は女性と男性のどちらに問題があるのか?

原因が特定されたカップルのうち、
女性側に原因がある場合と男性側の場合の比率は60対40~50対50くらいといわれています。
不妊症カップルの約25%、つまり4組に1組には明らかな原因がみつかりません(原因がないというわけではなく、原因不明という意味です)。


 
● 男性に原因がある不妊症とは?

男性因子の主なものは、精子がいないか非常に少ないものです。
精子の数や質は生活様式によっても影響されます。
多量のアルコール、ニコチン、ある種の薬などによって一時的に精子の質が悪くなることがあります。
精子の産生能力は出生後にかかるさまざまな病気によっても悪影響を受けます。
例えば、おたふく風邪、ある種の性病、精巣を損傷するようなけが、精巣腫瘍などです。
射精を障害するような病気、例えば、糖尿病、前立腺や尿道の手術、血圧の薬、インポテンスなども男性因子による不妊症の原因になります。
精索静脈瘤が原因で精子数が減っている場合がよくありますが、静脈瘤を治す手術が非常に効果的です。

男性不妊,レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

 
● 女性に原因がある不妊症とは?

最も多い女性因子は排卵が正常に起こらないことです。
排卵が起こらなければ卵子が卵管の中に入ることがないので受精も起こりません。
月経不順の程度が強い場合や無月経期間が長い場合には無排卵症という排卵障害の可能性が高くなります。
無理なダイエットによる体重減少、精神的ストレス、過度な運動などによって排卵障害がよく起こります。
また、卵管という精子や卵子の通り道がつまると妊娠しにくくなります。
卵管の異常は、骨盤の中に炎症が起こった場合、卵管や卵管周囲の手術、子宮内膜症などが原因で起こります。
その他、子宮奇形、子宮の中に子宮筋腫やポリープがある場合や
子宮内が癒着してくっついている場合などといった子宮の形の異常によって不妊症になることもあります。
細菌などの感染防御に働く免疫という機構の異常によって妊娠しにくくなることもあります。
 

不妊症の主な原因,レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

1. 排卵が(ほとんど)ない、排卵が非常に遅れる
2. 卵管がつまっている
3. 子宮の形が異常である
4. 精子の数が少ないまたは動きが悪い
5. 子宮の入口の粘液が精子と適合しない
6. 子宮内膜症
7. 原因不明


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px

HOME クリニック紹介 診察時間 診療内容 アクセスマップ

【不妊症】一般的な治療法

◇ 不妊症の一般的な治療法

検査結果によって治療法が異なります。
通常、最初の数周期は排卵のタイミングを合わせるだけの治療を行いますが、
80~90%の不妊症の方に薬あるいは手術による治療が必要になります。
排卵に問題がある場合、まず、セキソビットやクロミッドという排卵誘発剤(内服薬)を使って排卵を起こします。
自然に排卵がある方でも排卵が毎月1~2週以上遅れる人は卵子の成熟が遅れるために妊娠しにくいことが多いので排卵誘発剤を使います。
クロミッドをのんでも排卵しない場合は注射薬によって排卵を起こします。
特に注射薬で排卵を誘発した場合にはまれに卵巣が刺激され過ぎて卵巣が腫れたりおなかに水がたまったりすることがあるので注意が必要です。
ホルモン検査で異常がある場合、
たとえばプロラクチンというホルモンが高いと妊娠しにくいのでプロラクチンの値を下げる薬をのむ必要があります。
また、多嚢胞性卵巣症候群というタイプの排卵障害の場合には特別な薬物療法を行います。
タイミング法と薬物療法でなかなか妊娠しない場合や、精子の異常がある場合などには人工授精を行います。
卵管や子宮に異常があり、手術によって妊娠しやすくなると判断される場合は手術を行います。
おなかの中を腹腔鏡という細い内視鏡で調べて卵管の周囲の癒着をはがしたり、卵管の閉塞部分を開放する手術をすることもよくあります。


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px

【不妊症】ステップアップ治療

◇ ステップアップ治療

● 不妊治療の手順(結婚後1~2年間妊娠しないかたの場合の目安です)

治療開始~3カ月
基本検査:基礎体温測定、精液検査、ホルモン検査、子宮卵管造影
排卵日の予測:尿LH検査、超音波検査 など

 ↓

3カ月~1年
内服による排卵誘発:クロミフェン-HCG療法

 ↓

1年~2年
人工授精:洗浄精子による人工授精
注射による排卵誘発:HMG-HCG療法

 ↓

体外受精

上記はあくまでも一般的な目安です。治療方針、治療期間は個々の場合で異なります。


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px

【不妊症】タイミング法

◇ タイミング法について

タイミング法とは、排卵日あるいは排卵直前に性交のタイミングを合わせる方法です。
ですから、タイミング法は最も自然で負担の少ない治療法です。

不妊専門クリニックでもタイミング法で妊娠する方は多いです。
当院では早めに薬物治療に入った方がよいと思われる人の割合が高いのですが、
タイミング法が適している方には、最初のステップとして、最も自然なタイミング法をおすすめします。
この方法は単にタイミングだけを指導しているようにみえますが、
本当に排卵しているのか、いつ頃排卵することが多いのか、排卵直前には頚管粘液が十分に出ているのか、
粘液の中に精子は十分にいるか(ヒューナー検査)、排卵後の子宮内膜の厚さは正常かなど、
その後の治療に役立つ情報が得られることも利点のひとつです。


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px

【不妊症】薬物治療

◇ 薬物治療について

● 排卵誘発剤

内服治療薬 シクロフェニル(商品名 セキソビット):排卵が正常な場合(特に原因不明不妊)によく使います。
内服治療薬 クロミフェン(商品名 クロミッドなど):排卵障害がある場合に、また排卵障害がなくても、
不妊症治療薬として長年にわたって世界中で最もよく使われている薬です。軽い月経不順でも、この薬を服用した後に妊娠する例は多いです。

排卵誘発剤(注射)hMG (FSH)+hCG療法:クロミフェンが無効な場合や、長期の内服治療で妊娠しない場合に使います。

その他
内服治療薬 メトフォルミン(商品名 グリコランなど):多嚢(のう)胞性卵巣症候群(PCOS)に対する内服療法として、
新たにインスリン抵抗性改善薬(メトフォルミン)を追加しました。
内服治療薬 カベルゴリン(商品名 カバサール):プロラクチンを下げる薬です。
内服治療薬 漢方薬


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px

【不妊症】人工授精(AIH)

◇ 人工授精とは

人工授精とは精子を子宮の中に直接注入する治療法です。

● 人工授精の対象になる方

・精子数が少ない乏精子症
・精子運動率の低い精子無力症
・頚管粘液が非常に少ない場合(頚管粘液が少ないと精子が子宮の中に入りにくくなります)
・精子と頚管粘液の間に免疫学的な異常がある場合
・不妊期間が長い場合 など。

人工授精は排卵日のタイミングに合わせて行います。精液を洗浄濃縮してよい精子だけを集めて子宮内に注入します。


レディースクリニックつねざわ【福井市・福井駅東】産婦人科

LCつねざわHP_記事下バナー680px